セントラル防災は、 昭和62年に名古屋市中村区に設立しました。
若い頃は、まさか自分が独立するとは考えもしませんでした。
29歳の時に防災の仕事に携わるようになり、47歳で独立。
その後は、馬車馬のように働き続け、気が付けば30年余りの月日が流れていました。
その間、本当にたくさんの人々に支えられ、今日に至ります。

私の仕事人生の中で心掛けていること、それは、「何事も挑戦」ということです。
何事も挑戦してみなければ、結果は分かりません。
何もせずに悔やむより、挑戦して失敗したほうが学ぶべき事があります。
まずは自ら行動を起こし、物事のきっかけを創り出していくことが大切です。

これからのセントラル防災も、「何事も挑戦」という精神を忘れずに、発展・成長できるように、また社会に貢献できるように精進していきたいと思います。

ページトップ